昨日は寒かったですのぅ・・・

春というのは、いつも行ったり来たり・・・。
しかし確実に気温は上がっているのだけれど!!

昨日は、初の、蔦屋書店でのガラスのワークショップがありました。

お邪魔したのは、新潟万代店( ゚Д゚)

初なので、あえて平日にしてみたのだよ・・・。
お客様がドドドッと来たら大変なので(;’∀’)

完成品を売るだけならいいのだけど、お客様の作品を預かる、というのは、やはりかなりのプレッシャーがあります。
一人一人にとって、自分だけの、世界にひとつの作品を、わさっと預かるのはコワい!キャア!

右を見ても左を見ても花だらけの作品になるので、万が一の取り違え(赤ちゃんか!笑)
誰のかわからなくなる、という一分の恐怖があるので、
慎重に、慎重に・・・

毎回、改良点を見つけて、やりやすくなっていっております(^^)/

前回からは、こんな感じで、お渡しする完成品と一緒に焼成前の写真を添えています。 この焼成前の写真は、最後作品が完成するまで、常にそのガラスとセットで移動していきます。

そうすることで、たとえ似ている模様のガラスがあったとしても、番号で管理しているので取り違える心配がなくなる・・・( *´艸`)

ガラスは、焼く前と後で、だいぶ雰囲気が変わるので、焼いているところを見れないお客様にとっても、ビフォーアフターがわかって楽しいと思うのよね!(^^)!

焼いているところもお見せできれば一番よいのだけれど・・・。

ちなみに、10年前にガラス教室をやっていた時は、窯も持って行っておりました。
そこで実際にお客様の作品を焼きながらやっていたのだけれど・・・
最後、焼きあがる直前に話し込んでしまって焼きすぎたり、あたふたと忙しくなってしまって今度は接客が思うようにいかず、ということになり、その場で焼くのはやめたんですね。

ガラスも焼くのに1時間、小さなものでも冷ますのに1時間かかるので、結局その日はお客様にお渡しすることはできないのであるよ。

窯自体、片づけて車に乗せられるようになるまで、スイッチオフしてから3時間くらいかかるので、
撤収の時間も遅くなっていたんだよな~。

子供を産む前だったから、まだ時間に余裕があったけど、今でももう帰ったら「おなかすいた!!」と言われるので、やはり焼くのは自宅の工房がいいらしい。

焼きすぎたりしたら、残念だものね(^_-)-☆

そんなこんなで、今は窯の写真を見せながら、この窯で焼くんですよ、と興味のあるお客様に説明しております。

次回は、これまたすぐ数日後!
30日は蔦屋書店・河渡店にお邪魔します!
31日は竹尾インター店です。

どちらも平日ですが、ぜひのぞきに来てくださいね!!

体験だけではなく、桜色のアクセサリーの物販も特別にしております( *´艸`)

Follow me!