コツコツと穴あけ作業

昨日作った大量の湯色ガラスたち( *´艸`)

今度は大量の穴あけ作業!!

地味に大変なのがこちらのドリルを使っての穴あけ作業・・・。
穴を開けるのは正直簡単なのだけど、なにしろドリルの刃を探すのが一番苦労したわい(笑)
5~6ミリの厚さのガラスに垂直に直径1ミリの穴を開けられるドリルの先端は、なかなか見つからないのであった・・・。

もし気になる人がいたら、購入先を教えるのでメールしてね!!

私も「コレいいよ!」という情報もあったらほしいなり。

1本のドリルで、150個くらい開けると大体寿命なので、結構な消耗品。
そのうち道具の紹介もしよう・・・。

1つ穴を開けるのに、20秒くらいかな?
たくさんやると、たまに穴を開けるのを忘れてこの箱に放り込んでいる・・・。
さぁ、どれでしょう(笑)

そして今度は金具付け。

ガラスの色を見ながら紐の色を選んでいく。
そして大量の完成写真は撮り忘れたごめん。

実はこのストラップを作り始める前に、先に台紙を作っていた。
台紙のデザインはものすごく時間がかかる・・・。

算数みたいに答えがあるわけではないので、ミリ単位で文字の位置や大きさを変えたり色の濃さを変えたり、決まらなくてハゲそうになることもしばしば。

しかも、「よし決まった!」と思っても一晩寝て起きると「ん?」とかなったりする(笑)

というか、ほぼ確実にそうなるので、完成したと思ってもあえて2~3日寝かせたりする。
潜在意識下で、何かが熟成されるらしい・・・。知らんけど。

一度完成しても、売り場に置いて他のものと並んだりするとまた見え方が変わって、
「ここはもっとこうしよう・・・」というのが出てくるので、
一度に大量に印刷はせず、必要なぶんだけ、印刷して作るようにしている。

作品を含め、売り場がどんどん素敵になっていくのがわかるので
そんな改良作業も楽しい(^.^)

そして、紆余曲折してひとまず形になったものがこちら!!

ジャジャーン!!

かわいい!!
というか、ちょっと大人っぽくて素敵。

早く売場において来なくっちゃ~~。

と、思うのだけど、湯色シリーズできました、というPOPもまた必要なのである。

作品ひとつ作るのも、手間暇かかりますなぁ。