割れない組み合わせを探すの巻…!

ガラスメーカーによる問答無用の仕様変更で割れるようになってしまったガラスvs名もなき無名のガラス作家。
(詳しくは前回の記事参照)

まぁね、元々焼く用じゃなかったからね。
仕方がない。
仕方がないよ。
仕方がないのだ。
うん。

うなだれること数日、
そんな大幅な変更ではないかもしれないと気を取り直し、
持ち合わせているクリアガラスを手当たり次第試してみるテスト。

そんなに種類もないのに何を焼いたか忘れたりしつつ
試行錯誤を繰り返す…


焼き上がった直後は割れないし変な色。

1〜2時間ほどで触れるくらいに冷めると、
色が戻っている!

初めは2個くらいずつ同じパターンで焼いていき、
割れなさそうなら数を増やして焼いてみる。

割れなさそうに見えて数を焼くと割れるガラスがちらほら・・・。

最終的に同じパターンで20個ほど焼いてみて、一つも割れなかったら合格。

ガラスは、冷める時に生じる歪みが、
1年後に割れる原因になったりもするので、
この段階で1個でも割れるようなら、
他のガラスものちに割れるかもしれないので販売はしない。


この組み合わせもたまに割れるようなので、お蔵入り・・・。
そもそも、ちょいと不純物が多いので美しくないでござる。

さて、、、

旅は続く。